概念デザイン・概念・デザイン・デザインコンセプト
コンセプト・コンセプトメイキング・コンセプトデザイン
コンセプチュアル・市場・商品・企画・調査・分析・開発・創造・未来
概念研究-概念設計-概念調査-概念構造-コンサルティング-未来シナリオ-技術創出
良いアイディアが湧かない!…魅力的なデザインが出ない!…勝てる戦略が作れない!
コンセプトがまとまらない!…新事業構想が煮詰まらない!…時代の流れが見えない!
…そんな悩みをお持ちのア・ナ・タ!…
コンセプト、コンセプトデザイン、概念設計のことならおまかせ下さい!…アナタの頭脳をサポートする…


(R)
Gai nen des ign .co m

概念デザイン研究所の立体登録商標;「創造の生命場」
『概念デザイン研究所』は登録商標です。 TM

CAR CONCEPT2003…Sportscar…AC-MEG

Concept Design with Shade R6 & Bryce 5
Copyright(C)2003 Yamaguchi Taikoh
E-mail;business contact
Mustang 2012 V6 premium
New! 論考;美しいクルマー私がマスタングを選んだ理由-pdf-2012年1月16日


CAR CONCEPT…2002
CAR CONCEPT…2001
CAR CONCEPT…1999
CAR CONCEPT…1998
CAR CONCEPT…1997


----参考ページ----

コンセプト・デザイン事例;未来カー
概念デザイン、コンセプト・デザインについてのFAQと解説
やさしい”概念”講座…と…商品コンセプト講座
コンセプト・メイキングのノウハウ
コンセプト・メイキング・セミナーのご案内
概念デザイン研究所総合パンフレット
概念デザイン・サンプル集1-インテリア・デザイン
概念デザイン・サンプル集2-シーン・イメージ
概念デザイン・サンプル集3-カー・デザイン



空間とは何か…クルマも”移動空間”である以上…つまり回りくどく言えば、 住宅と同様に人間が「その対象の内部に”も”あってその対象を体験する」という 「@人間を包み込むモノ」という側面と、しかもその対象自体が物理的に移動する という「A移動体自体」でもあるという特殊性が存在する特異な空間…である以上、 クルマのデザイナーもユーザーも本来的に、その命題に的確に応えるかあるいは明確な 指針を持たざるを得ないのである。

20世紀的な『均質的近代工業化システムの付録としての”機械的視座”』で空間を 手っ取り早く切るならば…それはいきおい「縦×横×奥行きのサイズ論」となり、 よく言っても、表面的な形態論で済まされることになる。むしろ20世紀のような 逆に”特殊な時代”にはそうした切り口が極めて有効であったことも事実だろう。

21世紀以降が20世紀とはだいぶ異なる視座や価値観が当たり前になろうことは薄々感じる中で、 「空間論;空間の捉え方」も足元から揺さぶられるのではないか…と思うのである。

カントやフッサールの空間論を基に、空間構造を哲学的に論じれば、空間とは「観念性」、「関係性」、「形式性」 の3つの様相が絡み合うまさにその融合部に存在し、認識する対象…などとまあ、小難しいことになる。

しかしその小難しさから空間デザイナーとしてのクルマのデザイナーは逃れることはできないだろう。 だからこれからの移動空間デザイナー(いわゆるデザイナーだけではなく研究者や技術者、マーケターも含む) は…『けっこう厄介な仕事に取り組むことになる』と思われる。

はやい話、形態的な外部スタイリングを決めてから、内部空間を付随的にあつらえるという方法論は 20世紀的なサイズ論の延長として、もはや『通じない』ということだ。
空間とはそもそもそうであるのだが、『より内側より外側に向けて放射的に広がるもの』であり、 その機動力は『人間の(包まれる側の)精神性に関わる分野』に大きく依存するということなのだ。

だから基本的な姿勢として、非常に形態が重視される独特な商品であるクルマであっても、 移動空間である限り、『より内側から』空間作りを開始しなければならないのではないか… しかも、デザイナーが産み出そうとする空間を、『論拠を添えて』語らなければならないのではないか… と思うのである。

むろん、内部空間がよければ外部の形態が多少ぶれてもよい…などと言いたいわけではない。 むしろ内的な思考や作法などが首尾よく外部的形態に如実に顕現されなければならない。

だから縦割りのエクステリアデザイン、インテリアデザインなどという概念や仕事上の 組織にこだわっているようでは…少なくとも『21世紀的な新しい価値空間』など生まれようはずも無い。

本来、空間は『内部より始めて、外部に至り、全てを融合調和』させるべき対象なのである。
すなわちクルマという移動空間も含めて空間デザインは、一人のデザイナーがそのプロセスを踏みながら 終始一貫担うべきであると考える。

私が今欲しい空間は、『秘められた華が、あるがままにそとに広がるような』、そんな空間なのである。

AC-MEG
FR Fuel-Cell+El-motor 390PS
2seater
WB 2550mm
L 3850mm
H 1225mm
W 1800mm
Wt1350kg
4700000yen
Universal-Design



New Concept Vehicle 2003 AC-MEG created by Yamaguchi Taikoh
Copyright(C) 2003 by Yamaguchi Taikoh
Please never download whitout asking
許可無く複製、ダウンロードを禁じます。

New Concept Vehicle 2003 AC-MEG created by Yamaguchi Taikoh
Copyright(C) 2003 by Yamaguchi Taikoh
Please never download whitout asking
許可無く複製、ダウンロードを禁じます。

New Concept Vehicle 2003 AC-MEG created by Yamaguchi Taikoh
Copyright(C) 2003 by Yamaguchi Taikoh
Please never download whitout asking
許可無く複製、ダウンロードを禁じます。

New Concept Vehicle 2003 AC-MEG created by Yamaguchi Taikoh
Copyright(C) 2003 by Yamaguchi Taikoh
Please never download whitout asking
許可無く複製、ダウンロードを禁じます。

New Concept Vehicle 2003 AC-MEG created by Yamaguchi Taikoh
Copyright(C) 2003 by Yamaguchi Taikoh
Please never download whitout asking
許可無く複製、ダウンロードを禁じます。


未来カーコンセプト・デザイン企画-開発コンサルティング↓;Future Mobility Consulting
カーインテリアの3DCG参考作品もあります!

back to top

E-mail to Yamaguchi Taikoh;business contact